MARUHA MOTORS

マルハ タイミングベルトセット解説

好評頂いております,マルハ強化タイミングベルト。
走行距離が伸びているロードスターばかりですから、タイミングベルトの交換の依頼が多いのは当然といえば当然。

 

"愛車をしっかりメンテして、まだまだ頑張る"と考えるユーザーがとても多いのです。

さて、タイミングベルト単品では実は役不足。
そこで、便利でお得な内容で、"セットパーツ"を設定しております。販売の殆どがこちらのセットになっている事から、皆様にはその充実振りをご理解頂けていると考えております。

今回は、具体的にマルハセットパーツから "NA6/TB−1"の内容をベースにして少し詳しく説明をしましょう。
何故、タイミングベルトは大事なパーツなのか、そしてタイミングベルトの奥側に位置するウォーターポンプの同時交換推奨の理由もご理解頂ければと思います。

  1. カムカバーガスケット
  2. カムシャフト オイルシール
  3. クランク角センサOリング
  4. タイミングベルト
  5. タイミングベルト・テンショナー&アイドラー
  6. ウォーターポンプ
  7. サーモハウジングOリング
  8. その他の推奨

1. カムカバーガスケット


カムカバーからのオイルの滲みはとても多い事例です。
長年頑張って来た愛車の殆どがこの部分からオイル漏れを起こしていると思います。
本来はとても軟らかく、柔軟なゴム・ガスケットですが最後はカチカチに硬化。隙間が発生してオイルが漏れ始めます。
プラグホールなどにエンジンオイルが溜まるケースもありますが、同じ理屈です。
酷い場合は、画像の様に持ち上げることも出来ず、切れてしまいます。

2. カムシャフト オイルシール


カムシャフトのオイルシールは比較的簡単に交換が可能です。
カムキャップを外して、周りの古いシール剤を丁寧に除去。
内側にグリース(マルハはモリブデングリース使用)を塗りこみ、摩擦や抵抗を抑えます。
カムキャップにはシール剤を塗布しながらロックさせます。

3. クランク角センサOリング


最近のテクアドにも掲載しましたが、この部分よりのオイル漏れが大変多いのです。
折角、カムカバーを開けたのですから、ここは同時交換がお勧め。
交換後は、点火タイミングをしっかり取る事をお忘れなく。

4. タイミングベルト


もっとも大事なタイミングベルト。
クランクシャフトとカムシャフトを連結させる大事なベルトです。
切れれば勿論、駒が飛んでもエンジンは停止。 大きなトラブルの原因になります。
交換の目安は"10年・10万キロ"。
10年経過、あるいは10万キロ走行。 早い方に合わせての作業を勧めます。
早めの交換が大事です。

5. タイミングベルト・テンショナー&アイドラー

タイミングベルトを張っているローラーベアリングです。
こちらも、同時交換がやはりお勧め。
片方がスライド式でテンショナーの役目をします。 もう片方が位置決めはされており、ガイドの役をするアイドラー。

6. ウォーターポンプ


良く水漏れを起こすのが、このウォーターポンプ。 内側に水流を発生させるエンペラーが組み込まれています。
シールをしながら回転させるので、付け根のベアリング部から水漏れが起こります。
ポタポタとクランクプーリーの辺りから水漏れ跡があれば、殆どがここから漏れています。
タイミングベルトの奥側に位置しているので、距離や状況に合わせて同時交換がやはりお勧めです。

7. サーモハウジングOリング

フロントサーモハウジングのOリング。
最初はセットに含まれておりませんでしたが、有った方がより親切だろうと言うアドバイスを頂き、追加致しました。
サーモハウジングは外して作業した方が作業効率が良く、また単価もそれほど高価なものではないので今回から追加設定としました。但し、セット価格はそのまま据え置きです。

8. その他の推奨
これらのパーツは構成外となりますが、状況に応じて同時交換をお勧めします。
先ず、一連の作業性を良くするためにラジエターを外します。 そうなれば、マルハ・アルミ2層ラジエター、ホース、サーモスタットなども出来れば交換をお勧めします。
その他に、ファンベルト、プリー脇のバイパスホースなども交換がお勧め。
場合によっては、クランクシャフトのフロントオイルシールも交換。これは特殊工具があれば大変便利。(また別の機会に紹介しましょう。)
そして、オルタネーター。
完全新品、下取り不要。70Aの容量アップです。
タイミングと同時作業は、効率良く交換ができます。

以上がNA6/TB-1のセットです。
大変お得にな内容となっています。。
他、NA8,NB6,NB8もそれぞれ設定があります。
純正のタイミングベルトのセットパターンやアイテムを抑えた簡略型セットの用意もあります。

セットパーツ"の頁をご覧下さい。

エンジンチューニグは必要ないと考えている方も、基本メンテナンスを怠ることは出来ません。
是非、ご利用ください。

[Home]