MARUHA MOTORS

ロールバー&ラバーパッド


マルハでは先ず最初に推奨するパーツがロールバーです。
安全面と剛性が飛躍的に上がり、オープンのロードスターにとっては大変効果的なアイテムと言えます。

ロードスター ロールバー スチール製4ポイント

ロードスター ロールバースチール製4ポイントとマイティバー)

ロードスター ロールバー スチール製5ポイント

ロードスター ロールバースチール製5ポイントとマイティバー)

特徴1 メインアーチについて

マルハ・ロールバーは全体的なレイアウトをシートの後方寄りにしております。
典型的なシート横にメインアーチを位置させるタイプは、シート前後のスライド量やリクライニングに制限が出やすく、またハードトップを固定する際のサイドレバーロックとロールバーが干渉する可能性があります。
僅かなスペースながら、シート後方寄りの絶妙なポジションで、シートスライドを大きく確保し、且つハードトップ装着の際のレバーロックの操作性を完全にフリーにしております。

特徴2 ブレースバー(マイティバー)について

ブレースバーはオプションで装着が可能です。 ブレースバーはマルハ推奨のSIMPSONシートベルトを巻きつける際に必要になりますので、同時装着をお勧めしております。
また、ブレースバーはメインアーチとの結合の他、シートベルトアンカー(肩側)の純正ボルトを使って車体側とも固定しますので、非常に堅牢な構造になります。

NA8に使われている純正ブレースバーは弊社ロールバーには装着できません。(あるいは純正バーを反転させて取りつけをする)

特徴3 ブレースバーのアンカー(アイボルト)

オプションで、アイボルトを溶接加工することも可能です。
アイボルトはフック式のベルトを取り付ける場合に必要になりますので、ご要望の方は事前に御問合せください。

特徴4 他形状


シート後方寄りのメインアーチになるので、サイドバーは対応できません。
また、サイドバー自体がドアとシートの僅かな隙間を湾曲しながら取り回しをするので、若干の干渉などは避けられず、あるいはシートの取り付けが非常に困難になる場合があります。
そのため、弊社では4PTあるいは5PT(各マイティーバー対応)のみに限定しております。
6PT以上のロールバーについては、社外製品をご用意いたしますので、お気軽にご相談ください。

特徴5 材質

スチール式のロールバーですので、健全な耐久構造になっております。
安全面を最優先するためには、材質はスチールを推奨します。

特徴6 取りつけ

ロールバーはフロアに穴加工を必要とする、一発勝負的な作業です。
特に位置決めをする型紙はありませんので、前後左右のポジションに充分配慮しながらの確実な作業が要求されます。
取り付けは弊社では日帰りでも承りますので、お気軽にご相談ください。

特徴7 適合

NA型全車・NB型全車に対応しております。
ガラス幌もハードトップも対応しておりますので、安心してお使いください。
ただし、後方バーの角度が従来よりも立ち気味なのでスペースが小さく、弓型のNA8純正ブレースバーは装着が出来ません。(前後を反転させて取り付けは可能です)
ブレースバーをご要望の場合は、オプションのブレースバーをご使用いただくか、あるいは別売のストレートタイプのブレースバーをお求めください。

NB型のエアロボードは基準の位置での装着が出来なくなります。
片側2箇所を1箇所に位置変更をして取りつけが可能ですが、装着後の開閉が出来ませんので、どちらかに固定をした状態で取り付けします。

ロールバーパッド


基本的に推奨するカラーはブラックになります。
汚れが目立ち難く、且つオープン時のロールバーが車体に溶け込みやすい色なので、落ち着いた仕上がりになります。
ロールバーパッドはラバー製ですので、乗車員の保護として用いられます。
巻きつけは丁寧に行われ、特にメインアーチ部には一度中央部を裂いたパッドを巻き付けた後に接着剤で丁寧に貼り合わせる作業を行います。

この時に、接着剤をロールバー自体には届かない様にするので、巻きつけた後もロールバーとパッドは固着せず、曲がり部などに綺麗なシルエットを残すことが出来ます。
ロールバーの取りつけ同様に、パッドの巻きつけにも熟練の技があります。

[Home]