MARUHA MOTORS

マルハ フルブッシュ交換

ロードスターの定番メンテメニューの代表格にフルブッシュ交換があります。
各部サスペンションアームに圧入される全22箇所のブッシュ交換のことです。

10年・10万キロを経過したロードスターは今や珍しくもなく、マルハに入庫する多くのロードスターがそんな感じです。
サスペンション交換はもとより、サスペンショアームを支持する各ブッシュを交換して、自慢の愛車をリフレッシュ・・そう考えるユーザーはとても多いのです。

サスペンションの交換はマルハBCダンパーも含め大抵の場合は日帰り作業で対応するのが一般的。
しかし、ブッシュはちょっと異なります。
アームを車体から取り外し、ブッシュをプレスで打ち出し、新しいブッシュを再びプレスで圧入する。
その後、アームを車体に取り付け、最後にアライメント調整をして仕上げ。
マルハでさえ手際よく仕事をしても、丸一日掛かる作業です。

何とかもっと時間を短縮して、且つ精度を上げられないものかと考えておりました。
そこで、新たに採用したのが、専用ジグを使ったアームASSYの作り置き。
作業当日はアーム毎の交換なので、作業は大幅に短縮可能となります。

価格


上記価格には、ブッシュ代、ジグ検品、塗装、交換工賃、アライメント調整が含まれます。

作業の流れは次の通りとなります。

  1. ご希望のブッシュを電話やメールで予め確定いただきます。
  2. 在庫の中古アームから古いブッシュを打ち出した後、洗浄・塗装をした上で、指定のブッシュをプレス圧入します。
  3. 圧入されたアームは専用ジグで曲がりや歪みをチェック。
    キッチリとジグ上で検査をし、精度が保たれていることを確認した上で使用されます。
  4. 作業当日はアームASSYの交換で作業時間を大幅に短縮、アライメントまでしっかり調整して仕上げとなります。
  5. 外したアームは下取りとなります。外したその場でジグ検査し、歪みや曲がりがないことを確認いたします。
    歪みがある場合はそのアーム代だけ追加請求となります。

専用ジグについて:

ジグの作成には新品アーム類と新品メンバーを使い、基準を設けました。
その後は複数の中古アームを使いチェックを重ね、精度が保たれていることを検証いたしました。


検品用のボルトは純正ボルトを使い、且つジグ側の貫通穴はボルト径ギリギリに設定してあります。
アーム全体に歪みがあるとボルトが間単に貫通しないので、アーム自体の歪み、あるいはブッシュの偏りが容易に確認可能。

ジグを使ってアームを検査することで、様々なメリットが生まれます。

  1. アームの歪みや曲がりが判断できる。
    アームは単純な直線形状ではありません。新品と中古のアームを見比べても僅かな歪みはとても判断できません。
    メジャーでも測定することはできません。
    ジグを使えば、検査で合格したアームを使った確実な作業が可能になります。

    画像のアームはリヤ・ロアアーム。
    アームの一部がジグに納まらない。アームの歪みが簡単に分かる。
  2. アームは古いブッシュを打ち出した後でサビを取り除き、塗装を施してから新しいブッシュを圧入します。
    ブッシュが収まるアームのハウジング内のサビもしっかり落としてから塗装をかけます。
    塗装が乾燥してからブッシュ圧入できるのも、作り置きと言う時間的余裕があるから可能なのです。
  3. ブッシュハウジング内側のサビはそのままで作業をすると、新しいブッシュ圧入時には抵抗になってしまう場合があります。
    ブッシュが偏って圧入されたり、ブッシュの機能に支障をきたす場合もあります。
    ハウジング内のサビはリューターなどでしっかり除去してから塗装をした上で、新しいブッシュを圧入します。
    こうすれば、後々のサビも防ぎやすく、ブッシュの圧入精度も上がります。
  4. 検品した上にサビが除去された塗装済みのアームに希望のブッシュを圧入。
    当日作業は安心アームで大幅時間短縮。
    これがマルハ流ブッシュ交換。

もし専用ジグがないと:

  1. アームの歪みや曲がりが判断し難く、自分のアームが曲がっていてもそのままブッシュ交換をしてしまうケースがある。
  2. 作り置きができないので当日作業に時間が掛かり、場合によっては車を数日預けなければならない。

通販も可能:

アームブッシュ交換のみが通販レベルで対応が可能になります。
アームは何とか取り外しができるが、ブッシュの打ち換えはできない。ましてや歪みの測定はとても無理。
こんなプライベーターやショップ様にもアームASSYをマルハに送って頂ければ、ブッシュ打ち換えを通販レベルで受け賜ります。

注意事項 :

  1. 中古のアームを洗浄、塗装をしますが、レストアベースの仕上げではありません。
  2. 現車のアームのサビが著しい場合は下取り対象外になります。
  3. 現車のアームの一部に歪み、曲がり、ヘコミなどがある場合は下取り対象外になります。
    また、他箇所に不具合が認められた場合も同様です。
    その場合は、不具合アームのみ追加料金を請求させて頂きます。
  4. 現在はNB用のロアアームがNA用にも補修用としてメーカー供給されています。しかし、スタビライザーリンクの取り付け形状が異なるため、NA系の場合はNA専用アームが下取り条件となります。既にNBアーム装着のNA系ユーザーの方は事前にご相談ください。
  5. フロントアッパーアーム部ジョイントブーツは破損の場合、新品ブーツに交換します。
  6. アームをジグで検品されていても、ナックル側やメンバー取り付け部にの歪みがある場合は、アライメントが適正に調整でいない場合があります。事故暦などが確認できるユーザーは事前にご相談下さい。
  7. アームASSYの交換で作業時間を大幅に短縮できますが、作業の予約は必ず必要です。
    メール・電話などで確認をお願いいたします。


[Home]