MARUHA MOTORS

フェンダー ベンディング(つめ折)



頻繁に見かけるフェンダーアーチ部のメクレ現象。
ツライチホイールは格好いいけれど、どうしてもメクレが気になります。
一度タイヤ干渉によりフェンダーがメクレてしまうと、その部分の塗装膜は細かな亀裂が入り、修正しようとすると返って塗装が剥がれてしまうケースもあります。
出来れば、事前にベンディングしておく事をお薦め致します。

当社でも以前より多くのご相談、ご依頼を受けていましたが、専用機械がないと中々難儀な作業であります。
皆さんが思っている以上にフェンダーアーチ部は強度があり、簡単には曲がらないのです。
ハンマーでガンガン打ち曲げる訳にもいかず、フェンダーラインや塗装はそのままでアーチだけを折り曲げるのですから、そもそも無理な話でもあります。
根性だけではどうにもならず、改めて “設備”の充実に痛感する次第です。

こんな方に誠にお薦めのフェンダーベンディングです。
専用器具(特許品)を導入した所、ロードスターに合わない部分もあり、早速の改良。
アタッチメントなどは独自に造り直し、ショートストロークになっている場合でも確実にローラーが当たるようにしました。

工業用ドライヤーで塗装幕を丁寧に予熱しながら慎重にローラーをあてがいます。
大変綺麗に仕上げる事が可能です。

良く考えられて製造されている専用器具です。
ハブの動きを利用して弧を描きながらスムースにベンディング出来るように工夫されています。
ローラー部はウレタン製で塗装に傷を付けにくい様になっています。
ローラー圧はネジを使って調整するので、状況を見極めながら微妙な操作が可能になっています。

但し、以下の方は注意が必要です。
  • 事故修復歴があり、パテが使われている。
  • 既にメクレている。
  • 再塗装してあり、塗装膜が厚く、ヒビ割れし易い。

上に記したケースは作業による塗装ダメージの可能性が強いものです。

スポットロット


こんな所でも、新製品で紹介いたしましたスポットロットが威力発揮!。
非常に手軽なパテ暴露ゲージ。
磁力を利用して塗装膜の厚みを見極めます。
ベンディングの前に各部アーチを検査。
パテ修復の可能性をオーナーにお伝え致します。

作業工賃

基本料金 32,000円

追加作業がある場合、特殊形状の車については 別途になります。
お気軽にご相談ください。

[Home]